弁護士と慰謝料の関係

不倫をしてしまった場合、慰謝料が発生するケースは非常に高いと言われています。離婚や別居に至ったケースであればほぼ間違いなく、慰謝料が発生しているとも言われています。また、別居に至っておらず、これまで通りに夫婦関係を継続するにしても、ひとつのけじめとして慰謝料というお金が夫婦の中で動くこともあるのです。

弁護士そのため、不倫という過ちを犯してしまい、その事実がパートナーに気づかれた以上は慰謝料が発生すると考えておきたいものですし、自分が不倫をされた側なのであれば、慰謝料を請求することを考えておきたいものです。しかし、慰謝料を請求したりされた経験がある方など、世の中にはそこまで多くないはずです。そのため、今回人生で初めて慰謝料を請求したりされたりするという方も多いはずです。

そうなると慰謝料の相場などもわかりませんし、相手とどのように交渉していけばいいのかわからない方も多いものです。そのような場面で役立つのが弁護士なのです。弁護士の中にはこうした問題に強い弁護士も多数います。さらにもう二度と顔も見たくないというような場合にも弁護士が間に入っていれば一切顔も合わせずに交渉が可能なので、そのような場面でも有効です。