適正価格を受け取ろう

パートナーが不倫をしていた事実に気づき、その事実を相手も認めた場合にはほぼ確実に慰謝料を受け取れると言われていますが、問題はその金額です。相手としては少しでも安くしたいのが本音です。そのため、慰謝料の支払い自体には合意したものの、いざ金額の交渉となると減額交渉してくるなど話し合いは難航するとも言われています。

ケースまた、最悪のケースとして離婚に至るようなケースであっても、パートナー相手に少しでも多くのお金をとってやりたいとの思いがある一方で、長年連れ添ったからこそ相手の懐事情も把握しているわけですし、相手の表情を見ていると情に流されてしまうようなケースも多々あるものです。しかし、こうしたケースでは、別れてから数年後に後悔するようなことも多いのです。

そのため、あとになって悔やむことがないように、事務的に進めていくことが大切ですし、そのためには弁護士という法律のプロに助太刀してもらうことが大切と言われているのです。弁護士の世界にはこうした不倫や慰謝料の分野に精通しているプロがたくさんいますので、適正価格をきちんと受け取れるように尽力してくれます。そのため、まずは弁護士に依頼の相談をおこなうことから始めてみましょう。

推奨HP・・・https://www.adire-isharyou.jp/
(不倫に関する慰謝料の相談ができるアディーレ法律事務所のサイトです。)

受け取れる慰謝料相場

相場慰謝料を請求するにしても請求されるにしても、これまでこうした経験をしたことがない方の場合には、その金額もピンとこないものです。しかし、世の中では夫婦関係が壊れた際には慰謝料のやり取りがおこなわれることが多くなっており、そのような事例をもとにした相場と言われる金額も存在しています。そのため、これから交渉をおこなうのであれば、こうした相場に関しても把握しておきたいものです。

もちろん、それぞれの経済力などによって異なってきますし、不倫と一概に言ってもその期間などによっても変わってくると言われているのですが、一般的には100万円から300万円程度が不倫における慰謝料の相場と言われているのです。そのため、自分がパートナーに裏切られて慰謝料を請求するという立場になった場合にはこうした金額を思い浮かべておきましょう。

もちろん、これはあくまでも相場であり、相手の裏切りがとても大きかった場合などにはさらに高額な金銭を受け取ることが可能と言われています。さらに、自分の妻や夫にのみ請求できるわけではなく、その不倫相手であった男性や女性にも請求することが可能と言われています。そのため、こうした事実も把握した上で交渉に挑みましょう。

弁護士と慰謝料の関係

不倫をしてしまった場合、慰謝料が発生するケースは非常に高いと言われています。離婚や別居に至ったケースであればほぼ間違いなく、慰謝料が発生しているとも言われています。また、別居に至っておらず、これまで通りに夫婦関係を継続するにしても、ひとつのけじめとして慰謝料というお金が夫婦の中で動くこともあるのです。

弁護士そのため、不倫という過ちを犯してしまい、その事実がパートナーに気づかれた以上は慰謝料が発生すると考えておきたいものですし、自分が不倫をされた側なのであれば、慰謝料を請求することを考えておきたいものです。しかし、慰謝料を請求したりされた経験がある方など、世の中にはそこまで多くないはずです。そのため、今回人生で初めて慰謝料を請求したりされたりするという方も多いはずです。

そうなると慰謝料の相場などもわかりませんし、相手とどのように交渉していけばいいのかわからない方も多いものです。そのような場面で役立つのが弁護士なのです。弁護士の中にはこうした問題に強い弁護士も多数います。さらにもう二度と顔も見たくないというような場合にも弁護士が間に入っていれば一切顔も合わせずに交渉が可能なので、そのような場面でも有効です。

相手の不倫時の慰謝料

大好きだからこそ結婚を考え、夫婦になったにもかかわらず、結婚から年月が流れていくと、お互いの気持ちも冷めてしまうことがあります。また、その時点で離婚ということになればまだいいのですが、離婚をしないままに夫婦関係を継続し、その一方では家庭の外で別な異性とのお付き合いを始めてしまう人も今の時代は多いものです。つまり、いわゆる不倫に走ってしまう方が今の時代にはたくさんいるのです。

ショックもちろん、自分はそういうことをしないと決めている方もたくさんいるはずですが、すでに結婚している以上、自分が不倫の関係者になってしまう可能性はあります。どういうことかと言えば、自分の夫や妻が不倫をしていたことを知るケースもあるのです。もちろん、このような裏切りに遭えばショックでしょうが、いつまでも泣いてはいられません。ショックから立ち直ったあとにはその後の夫婦関係のことを考えないといけません。離婚するのかそのまま夫婦関係を継続するのかという問題もありますが、同時に慰謝料のことも考えないといけません

そのため、パートナーに不倫されたときの慰謝料のことも知識として多くの方が持っておきたいものです。いざ、このような場面に遭遇した際に慌てることがないように、あらかじめ最低限の知識を持っておきましょう。特にお金のやりとりである慰謝料問題はもめることもあります。法律事務所への相談をすることで慰謝料の適正な価格を受け取ることが可能になる場合もありますし、そうしたことも含めて知識を持っておき、いざというときには慌てることなくきちんとした金額を受け取っておきたいものです。